口腔外科は、口腔(こうくう:口の中)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる
先天性および後天性の疾患を扱う診療科です

<口腔外科>
虫歯や歯周病などの口の中の疾患だけでなく、全身的な状態とのつながりを常に意識しながら診療を行い、患者さんに不安のない医療の提供を目指します。
親知らず
当医院では親知らずの抜歯を年間100~150本行っております。
親知らずの抜歯においては非常に不安が大きいと思いますが、麻酔等をできるだけ工夫してストレスの少ない抜歯を心がけております。

がんなどの診断
口腔内のできものや腫れを心配して来院される方も非常に多く、的確に診断いたします。
病理検査が必要な場合は近畿大学付属病院へ紹介します。
口腔内の手術
良性腫瘍や嚢胞、骨隆起などの手術を行います。
顎関節症
スプリント治療や開口訓練で症状の軽減を図ります。
顎が外れてしまった方もできるだけ速やかに整復します。
有病者の歯科治療
脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、膠原病など様々な全身疾患をお持ちの方の歯科治療を行っております。
超高齢化社会を迎えるにあたり、様々な疾患について対応できるよう日々研鑽しております。